HOME > AGA治療について > AGA治療の種類

飲む・塗る育毛剤

育毛には、飲むタイプの薬と塗るタイプの薬があります。
飲む育毛剤は、体内から脱毛原因を取り除くものです。塗るタイプの育毛剤よりも、吸収率が高いです。
塗るタイプの育毛剤は、毛穴から毛根に栄養を送り届けたり、血行を促進したりします。
ふたつのタイプの薬を併用すると、効果が大きくなります。AGAの治療に使われる内服タイプの医薬品については、医師の処方が必要です。

直接導入する治療法

AGAの治療としては、育毛のための薬を服用するほか、頭皮に塗ることで毛穴から浸透させるという方法をとることがあります。育毛メソセラピーは、育毛のための成分を頭皮に直接導入する治療法です。
注入する成分はミノキシジルやフィナステリド、VEGF、IGF-1などといった成長因子や複合ビタミンなどです。直接導入するだけではなく、内服療法と併用することで効果を高めます。

このページのトップに戻る