HOME > AGA治療について > プロペシア治療は男性のみに効く

プロペシアを用いるAGA治療

プロペシアは、AGAの治療に用いられるものです。
AGAは、DHTといわれる男性ホルモンによって発症するものです。DHTは、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンが5α-リダクターゼという酵素によって変化します。
ここでプロペシアは、5α-リダクターゼがDHTに変わることを阻害する役割を果たします。これまでの治療のほとんどが頭皮の血行を促進し、毛母細胞に栄養を届ける方法であったことに対し、違った方法で治療を進めます。

プロペシア治療が男性向けである理由

AGAは、男性ホルモンのはたらきで髪の毛が少なくなっていく症状です。
その治療のために使うプロペシアには、髪の毛の発育を阻害しているDHTを抑制するはたらきがあります。髪の毛が増えるというよりも、むしろ薄くなることを防ぐ効果があるのです。
適応については、男性の脱毛症のみです。実際に閉経後の女性が男性型脱毛症になったという例はあるのですが、1年間試しても効果はありませんでした。

このページのトップに戻る