HOME > 内服薬と外用薬について > クリニックで使用する内服薬と外用薬

クリニックでAGA治療に使用する内服薬

AGAの治療の際に飲んで効く薬としては、プロペシアが挙げられます。6ヶ月にわたってプロペシアを服用した人の中で、9割の人が変化を感じています。そして、8割以上の人がその変化に満足しています。
ほんの少しの期間だけしか飲んでいない人が、効果がないと判断して飲むのをやめてしまうことは、大変に残念なことです。
プロペシアを服用するにあたっては副作用の懸念もありますから、医師と相談しながら正しい知識のもとで服用すべきです。

クリニックでAGA治療に使用する外用薬

AGA専門のクリニックでは、専門の医師が経口薬と外用薬を中心として、一人ひとりに合った治療法を考えて実践します。
AGAの治療で使われる外用薬は、ミノキシジルという薬です。ミノキシジルは血管拡張剤であり、元々は高血圧の経口薬として使われていました。
発毛のはたらきがあるとわかって、頭皮に対しての外用薬として使われています。

このページのトップに戻る